ホームページ

現代は2028年までにすべてのトラックとバスに燃料電池を搭載することを目指しています

Amer Asia Reportソウル-現代自動車グループは火曜日に、韓国がクリーンエネルギー技術に全面的に取り組む中で、2028年までにトラックとバスの20モデルすべての燃料電池版を生産するというその願望について話し合った。韓国の自動車メーカーはまた、先進の次世代燃料電池技術により、ヨーロッパを含む世界の商用車市場を完全に再活性化する意向であると語った。現代自動車は声明のなかで、「これを達成するために、グループは2023年に新世代の燃料電池システムを導入することを計画している。燃料電池は、燃料(多くの場合水素)と酸化剤(多くの場合酸素)の化学エネルギーを、1対の酸化還元反応によって電気に変換する電気化学セルです。起亜自動車とともに世界第5位の自動車グループを形成する現代は、すでに燃料電池を動力源とする乗用車を生産している。現代自動車は、トラックやバスに加えて、2040年までに航空機、路面電車、船舶に水素を供給すると述べた。「現代自動車グループのビジョンは、家庭、職場、工場など、生活と産業のあらゆる分野に水素エネルギーを適用することです」とチョン会長は語った。 Euisunは「HydrogenWave」というタイトルのオンラインプレゼンテーションで述べました。 「目標は、水素を誰もが、すべての場所で、どこでもすぐに使えるようにすることです」とチョン氏は語った。この発表は、韓国企業が水素技術に熱心に投資し、水素技術が主要なクリーンエネルギー源になることを期待していることから始まります。 SKグループの天然ガス開発関連会社であるSKE&Sは先週、水素の生産、小売、消費を結ぶ独自のバリューチェーンを確立するため、2025年までに水素事業に18兆ウォン(155億ドル)を投資すると発表した。ヒュンダイは水素ピボットへの投資額を発表しなかったが、その代わりに、発表をすべての輸送モードに水素技術をもたらすためのビジョンとして説明した。アナリストは、ヒュンダイが商用車に水素技術を適用するという世界的な傾向に乗って、正しい方向に進んでいると言います。韓国自動車技術研究所のアナリスト、イ・ハンクー氏は、「商用車は、固定ルートを行き来する際に水素技術を使用するのに適しているため、多くの充電ステーションを必要としない」と述べた。現代は、水素は2050年までに世界のエネルギー需要の18%を占め、2.5兆ドルの市場になると述べ、エネルギー、運輸、産業、投資会社の世界的なCEO主導のイニシアチブである水素評議会を引用しました。また、ヒュンダイは、2030年までに年間700万台の販売台数に達すると予測されている世界の小型商用車市場をターゲットに、長さ5〜7メートルの燃料専用車を開発すると発表した。自律運転とロボット工学を商業部門に適用する。

記事ページに移動

Nikkei Asian Review

 

 

AmerAsia Company - Beijing AmerAsia China IT ConsultingData DrillData DerrickAmerAsia ReportReciprocity Project