ホームページ

日本の自動車メーカー4社が8月に2桁の落ち込みを見ている。チップ不足の中で中国の売上高は

Amer Asia Report上海(ガスグー)-業界全体のチップ不足の中で、日本の自動車メーカー4社はすべて先月の中国での売上高が2桁減少した。本田技研工業は8月に急落した。年初来の売上高に関しては、マツダモーターが唯一の投稿の減少でした。共同通信によると、トヨタ自動車の中国の月間売上高は、8月の前年比11.9%減少し、今年これまでで最大の減少となった。 8月の売上高の減少により、トヨタ自動車の中国事業の年初来の売上高の増加は、1月から7月の24.2%の成長に対して18.7%に縮小しました。音量。関係者によると、トヨタは8月初旬、中国の合弁パートナーである広州汽車集団と共同で運営している中国広州のある組立ラインでの生産を停止した。トヨタチャイナはコメントを求められた後、閉鎖は事実であり、チップ関連部品の不足のために生産スケジュールを調整したと述べた。トヨタは販売不振にもかかわらず、中国市場向けの製品ラインナップを充実させ続けました。 8月27日、FAW-トヨタは、プレミアムカーの市場展開のギャップを埋めることを目的として、クラウンクルーガーSUVを市場に投入しました。クルーガーは、7月中旬にFAW-トヨタが高級車ブランドとして主張したばかりのクラウンの下での最初のモデルです。その出現により、合弁会社はHEVセグメントでのプレゼンスを強化し、2022年までに年間100万台の販売目標を達成することが期待されます。コロナウイルスの復活と自動車部品供給の制約の影響を受けて、本田技研工業の中国部門は前年比38.3%を記録しました。 -8月の年間不振で91,694台の新車が納入されました。そのうち、17,376台にハイブリッドパワートレインシステム「スポーツハイブリッド」を搭載。広汽本田汽車と東風本田汽車は、8月の納入で2桁の減少を記録した。 GACグループとの合弁事業は52,451台の新車を納入し、前年比26.3%減少しました。一方、39,243人の消費者が東風本田の車を配達し、前年比で49.4%急落した。本田技研工業は、中国市場向けに電気自動車の販売を発表したことは一度もない。同社は5年以内にホンダブランドのBEVモデル10台を投入する計画。ホンダSUVe:プロトタイプをベースにした最初の生産モデルは、2022年春に発売される予定です。8月中旬に発表されたメディアレポートによると、ホンダはGACの既存工場に約30億元(4億6,416万ドル)を投資します。ホンダは中国でのNEV生産能力を増強する。日産モーターは、2024年2月から生産を開始し、12万台のNEVの生産能力を増強する計画です。2021年8月現在、日産モーターは4ヶ月連続で中国の月間売上高を前年比で減少させました。 8月の売上減少の原因となった外的要因は、同社が7月に発表した理由と同じように、依然としてコロナウイルスのパンデミック、原材料の不足、自然災害でした。先月、Dongfeng Motor Company Limited(DFL)の乗用車ユニットであるDongfeng Nissanは、前年同期より10.6%少ない113,166台の新車を納入しました。日産ブランド車の出荷台数は、第7世代アルティマ15,023台、シルフィス47,937台、ティーダ5,126台、X-Trails 9,228台、キャシュカイ13,349台を含む90,018台でした。一方、DFLはVenuciaブランドで5,808台の新車を納入し、前年比13.7%の成長を示しました。 「過去4か月間、自動車業界全体が外的要因により無数の課題に直面しており、今年の残りの期間も自動車市場に多くの不確実性をもたらします」とDFLの山崎将平社長は述べています。課題にもかかわらず、日産自動車は依然として中国の消費者の需要を満たすために新製品を発売し続けました。まったく新しいX-Trailは、日産の最も「グローバル化された」戦略モデルとして7月30日に市場に登場しました。その上、Venucia OnlineVの先行販売は2021年の成都モーターショーで始まりました。マツダの中国での出荷台数は前年比27.7%減となり、5ヶ月連続で月間売上高が2桁減少した。年初来の配信数の減少は、1月から7月の4.1%の減少に対して、7.2%に拡大しました。音量。チャンガンマツダは7月の出荷台数が28.6%減の8,790台でしたが、一汽マツダは前年比25.4%減の3,738台でした。納車台数は5,846台で、8月もMazda3Axelaがベストセラーとなった。その間に、マツダCX-4とCX-5の出荷台数はそれぞれ2,046台と1,727台に達しました。マツダの中国部門は、大幅な事業再編を行っています。 Changan Mazdaは先月、中国のトップ市場規制当局に一汽マツダ販売株式会社(FMSC)の100%の株式を取得するよう要請し、マツダモーターおよび一汽グループとこの取引についていくつかの契約を締結しました。一汽グループは、事業合併のソリューションの一環として、FMSCの60%の株式持分を評価した対価で、長安マツダの5%の株式を取得します。マツダモーターの将来の唯一の中国合弁会社として、長安マツダはその生産ラインナップとディーラーネットワークの大幅な拡大を見るでしょう。地元メディアは先月、FMSCのディーラーを引用して、長安マツダとFMSCの販売チャネルの組み合わせが今年8月末に開始されると述べた。それでも、FMSCの消費者向けの既存の販売およびアフターサービスは一時的に影響を受けることはありません。

記事ページに移動

Gasgoo China Automotive News

 

 

AmerAsia Company - Beijing AmerAsia China IT ConsultingData DrillData DerrickAmerAsia ReportReciprocity Project