ホームページ

中国の専門家はメンタルヘルスへの資金提供の増加を要求

Amer Asia Report最近の研究では、うつ病性障害に苦しむ人々のわずか0.5%が適切な治療を受けていることが明らかになったため、健康の専門家は中国でのメンタルヘルスサービスへの投資を増やすよう求めています。中国の研究者が主導しオンラインで公開した調査によると、さまざまな程度の抑うつ症状と診断された個人の9.5%がメンタルヘルスサービスを利用しており、米国やその他の高所得国の約57.3%よりもはるかに低いと推定されています。 9月21日のTheLancet Psychiatryのバージョン。さらに低い3.6%の患者が精神科の専門家に治療を求めました。調査によると、約7%が医療機関を訪れたり向精神薬を服用したり、0.3%が社会福祉機関の支援を求めたり、2.7%が漢方薬やその他の代替療法に頼ったりした。この調査結果は、2013年から2015年にかけて中国本土で実施された18歳以上の32,500人以上を対象とした調査に基づいています。クンミン医科大学の第1付属病院、北京大学第6病院のメンタルヘルス研究所、および他のいくつかの機関の研究者が調査のデータを分析し、論文を共同執筆しました。 「私たちの研究によると、うつ病性障害のある人のうち、治療を受けた人はごくわずかであり、適切な治療を受けた人はごくわずかでした」と同氏は述べた。他の研究によると、うつ病性障害は、生涯を通じて中国人の6.9%に影響を及ぼし、過去12か月間に3.6%が影響を受けました。新しい論文はまた、中国における精神疾患の有病率のより詳細な図を提供し、うつ病性障害は男性よりも女性、雇用されているよりも失業者、結婚または同棲している人々よりも離婚、離婚または未亡人の人々に多く見られたと述べた。これらの結果は、最前線の医師とメンタルヘルスサービスプロバイダーが直面している大きな課題を示しています。雲南省のクンミン医科大学第一付属病院の精神科長であり、研究の共著者である徐秀峰氏はフォーラムで述べました。 「私たちは、メンタルヘルスサービスをサービスの行き届いていない地域やリスクの高い人口のある地域に拡大するために、資金投入を増やすことを提案した」と彼女は述べた。 「脆弱な人々のために特定のアウトリーチと治療計画を提示することも必要です。」研究に関与しなかった北京大学第六病院のメンタルヘルス研究所の研究者である王翔東氏は、メンタルヘルスサービスの不足を指摘したと述べた。中国疾病管理予防センターの元所長であるワン・ユー氏は、他の疾病を対象とした医療サービスと比較して、メンタルヘルスサービスの公的利用ははるかに少ないと述べた。王も研究に関与していませんでした。彼は、メンタルヘルスサービスを強化し、早期介入措置を開始し、より多くの精神科専門医を育成するための長期投資を求めています。ワン氏は、うつ病性障害はすべての精神障害の中で病気の負担の主な原因であり、最も効果的な医学的介入は患者に適切かつ継続的に薬を届けることであると述べた。 「患者のコンプライアンスを強化するには、さらに多くの研究が必要です」と彼は言い、患者の要求に答えるのに十分な数の精神科専門医がいることを保証することが重要であると付け加えました。

記事ページに移動

China Daily

 

 

AmerAsia Company - Beijing AmerAsia China IT ConsultingData DrillData DerrickAmerAsia ReportReciprocity Project