ホームページ

アマゾンと三菱が日本に450の太陽光発電所を設立する

東京-Amazon.comは、日本の商社である三菱商事と提携して、日本に太陽光発電所を建設し、そこから再生可能エネルギーを調達して、データセンターに10年間電力を供給します。日本の企業にとってまれな動きで、Amazonは発電事業者と直接契約します。この契約(企業の電力購入契約、またはPPA)により、Amazonは、電力会社から購入することなく、再生可能エネルギー専用の発電所から安定した電力を長期間調達することができます。このタイプの電力調達は、価格変動の影響を受けにくいと考えられています。再生可能エネルギーは従来の電源よりも高価であると予想されますが、再生可能エネルギーの供給全体に追加され、環境に優しいアプローチは消費者やデータセンターの顧客の共感を呼ぶことが期待されます。太陽光発電会社のウエストホールディングスは、発電所の開発を進めており、首都圏と東北地方に450基の発電所を建設する予定です。三菱はそこで発電した電力を回収し、三菱が出資する電力販売会社を通じてアマゾンのデータセンター、ロジスティクスセンター、オフィスに供給します。個々の不動産所有者も太陽光発電施設に投資します。ウエストホールディングスは設置料金を請求しますが、アマゾンへの電力販売で10年以内に投資を回収します。電力を集約するシステムの構築は三菱が担当し、電力販売の一部を手数料として徴収します。総発電量は22,000キロワットで、5,600戸の消費電力に相当します。発電所は2023年までに運転を開始します。日本では、日本の多様な小売グループであるセブン&アイ・ホールディングスが、NTT所有のエネルギー会社とPPA契約を結び、40のコンビニエンスストアに電力を供給する再生可能エネルギーを調達しました。日本では、再生可能エネルギーは、企業に直接販売されるのではなく、固定価格買取制度の下で電力会社に販売されることがほとんどです。再生可能エネルギー研究所によると、日本でのPPA契約は約20件に過ぎません。アマゾンプロジェクトは現在、日本で最大のプロジェクトです。アマゾンは、2025年までに企業活動に使用される電力の100%を再生可能にすることを目指しています。小売および技術の巨人は、大量の電力を確実に調達する手段として世界中の企業PPAを使用しています。日本政府はまた、送電コストを削減または免除することにより、PPAの普及を促進しようとしています。

記事ページに移動

Nikkei Asian Review

 

 

AmerAsia Company - Beijing AmerAsia China IT ConsultingData DrillData DerrickAmerAsia ReportReciprocity Project